Buena Vistar!

長文を書きたい時に気ままに書くブログ。

4月1日生まれの話。

私は、4月1日生まれです。


4月1日生まれというのは、学年で1番年下になります。

例えば、1980年4月2日生まれから、1981年4月1日生まれまでが1学年です。


小さい頃から、4月1日生まれですと自己紹介をすると、必ず驚かれます。それが嫌で、普通の日に生まれたかったと何度も思いました。

また、学年で1番年下なので成長も遅く、特に幼少期はみんなが簡単に出来る事が自分には出来ず、おまけに運動音痴+不器用だったので様々な事で苦戦しました。


話は少し変わりますが、4月1日に私が生まれた時、母は看護師さんからこの様な事を言われたそうです。

「誕生日を1日ずらして、4月2日生まれにしますか?」

確かにそうすれば1学年下の1番年上になるわけですから、成長の遅さを気にしなくて良いわけですが。

母には特にこだわりは無かったようで、「1日で良いです」と言ったそうです。


もしここで母が私の誕生日を4月2日にしていたら、きっと私は今と全く違う人生を歩んでいたでしょう。

1学年違えば、仲良くなるお友達も担任の先生も違いますし、関わる人が変われば、人から受ける影響も変わってきます。

今私と仲良くして下さってる方々とは、学年が違えば出会えていないかもしれません。


また、私には今色々な趣味がありますが、その中には人に勧めてもらって始めた趣味もあります。

学年が違って、その人に出会わなければその趣味にも出会えなかった可能性があります。


そう考えると、今自分がとても幸せな日々を送れている理由の1つは、母が4月1日に私を産んだから、そしてその日を誕生日にしてくれたからです。

もちろん、例え4月2日生まれにずらしたとしても、幸せな人生を歩めていたかもしれません。でも全く同じ人生にはならなかったでしょう。


誕生日は1年に1日なので、せっかくならもっと大切にして、自分の誕生日を嫌だと思わず、むしろ好きになれたらいいなあと思うのでした。


ちなみにサンリオのキャラクター、ばつ丸も4月1日生まれらしいです。先日知りました。

KiLLER KiNG 『Break it down』の話。

3/15にリリースされた、

キラキンの3rdシングル。

Break it down を聴いた上での個人の考察。


この曲は、Bプロアイドル総出演の映画、

KoCの挿入歌、という設定になっている。


KoCの詳しいあらすじは割愛するが、

物語の途中でアカネとモモタロウが敵に囚われるというシーンがある。


それを踏まえた上で、二番のサビの歌詞を見て欲しい。


『奪われたものはこの手で 全て取り戻す』


この奪われたもの、は囚われた2人の事を指しているのではないか?と感じたのだ。

『全て』と続くので、2人だけでは無いのかもしれないが。平穏な日々、とかね。

ちなみにこのパート、『全て取り戻す』の部分は弥勒ソロパートである。

幼馴染尊い


もう1つ。

二番サビ終わりのこの歌詞。


『嘲笑う ジョーカーを 切り裂いて』


これはきっと敵の事、なのだが、

嘲笑う→唯月

ジョーカーを→遙日

切り裂いて→弥勒

という歌割りになっている。

明謙だけが歌割りにいないという事、つまり囚われたアカネを助ける為の決意なのかな、と。



KoCいつか本当に映画館で見たいなー…


嵐 『Are You Happy?』 を聴いた感想。

いつの間にかあらしっくになってから9年が経とうとしている相葉担です。

最近はゆっくりまったり、自分のペースで彼らを応援しています。

そんな私が新アルバム(通常版)を聴いた感想をつらつらと。

シングル曲は割愛します。

 

1.DRIVE

 最近の嵐の曲を聴いていると、曲調が大人になったなあと感じる。

 この曲もその一つ。でありながら、出だしの歌詞が「いつもの面子」。

 99年のデビューから既に17年という月日が経っていて、人生の半分くらい

 彼らは一緒にいるわけで。大人になっても、きっと変わらないものが

 あるんだろうなと。そう感じさせる。

 

3.Ups and Downs

 今回のアルバム、5人曲の中で一番好きです。サビ前~サビがかっこよすぎる。

 大人になったとは言えども、やっぱり挑戦することを忘れてはいけないよね。

 大野さんのフェイクが好きです。いいよねフェイク。

 

4.青春ブギ

 昭和だーーーーーーー!?!?すごく新鮮だし斬新。

 ソイヤ!がいい味出してる。衣装学ランかなあ。担当長ランがいいです。

 

5.Sunshine

 爽やかさに全振りしたソロ曲。とても好きです。

 本当に櫻井くんのソロ曲は幅が広い。昨年あれからのこれだからな!?

 でもどの曲も櫻井くんに合っているから… すごいなって(語彙力)

 コンサートの演出はこのままもっとみたいな感じを勝手にイメージしています。

 

7.Amore

 出だしでびっくりした。カタカナ英語でバラード!?!?高音出てない

 かわいい…(褒めてる)からのなーななななー!が最高すぎる。

 もうこの段階でとんでもないソロだと確信。

 ディスコスター系統をさらに昭和にした感じ。

 コンサート絶対盛り上がるでしょこれ。行きたい。チケはないし行ける日も

 ないんだけど…。

 盛り上がってんの?をソロ曲に使うの反則でしょほんと好き。

 甘酸っぱい爽やかソロを歌ってた頃の彼が大好きだったので、近年のソロは

 ああ大人になっちゃったんだなと思ってて。これは大人なんだけど明るくて

 楽しい、ありそうでなかった曲。マジでコンサート行きたい。

 

8.Bad boy

 大野さんはソロの系統がぶれない。ただ今回は凄く近代的というか、

 デジタルなサウンドがかっこいい。まさにデジタリアン。

 コンサートはシンプルにバックにジュニアつけて踊りそうなイメージ。

 絶対振付かっこいいよ。

 

9.WONDER-LOVE

 ソロパートがかなり多めの曲。彼らの歌声の良さを生かすパート割りだと

 感じた。二宮さんのフェイク最高に好き。

 あと高音(大野、二宮)と低音(櫻井、相葉)追いかけっこみたいなところも

 斬新で聞いていて楽しい。

 

10.また今日と同じ明日が来る

 二宮さんほんと…毎回凄いソロ曲持ってくるんだけど今回凄すぎる…

 メロディーの音の少なさとぎゅっと詰め込まれた歌詞。

 キーも上がったり下がったり、囁くように歌ったり、

 アカペラパートあり、フェイクあり、5秒くらい音が止まるところあり…

 すげえ難しい曲なのに歌いこなしてるのが本当に凄い。

 歌詞にも二宮さんらしさが出ていてやっぱり彼の言葉が好きだなって。

 コンサートの演出が全く予測つかない。凄いものになりそう。

 

 13.Baby blue

 こちらも爽やかなんだけど、末っ子らしいかわいさが出てる。

 しゃばーだばだばだっ!がかわいすぎるよおおお…

 松本潤のかわいいところを詰め込みました!みたいな曲。

 コンサートはスーツ着て花束もって出てきそう(あくまでもイメージ)

 

 14.Miles away

 スローテンポで聞いていて気持ちのいい曲。

 重なるフレーズという歌詞通り、至るところで彼らの声が重なってて素敵。

 ところで担当のパート史上最高に高いところあるんですけど。

 一番の重なるフレーズってところ。担当だよね?相葉さんだよね?

 ソロなんで出てないんや(あれはあれであり)(こういうところが好き)

 (でもいつの間にこんな高音出るようになったんだろうって思ってる)

 

15.To my homies

 ゆっくりめの温かい(暖かい?この場合の漢字はどっちだろう←)ラップ曲。

 いつかまた野外とか、屋根なしの会場でコンサートをすることがあったら、

 日が落ちる頃に歌ってほしい。

 歌詞の「いつかのあの歌も 今になって受け入れて」が凄く気になる。

 受け入れられない歌が実際にあるのかどうか…いやそこまで深く考えなくても

 いいのかなあ…

 

16.Don't You Get It

 MV付きの曲ってアルバムの最初の方に収録されているイメージがあったので、

 最後なのが新鮮。

 この曲もソロパート多めですよね。好き。

 最初に言った、「曲調が大人になった」をまさに感じさせる一曲。

 いやーーーーMステ見たんですけど、相葉さんソロダンスパートありがとう

 ございます…!って感じだった。

 

17.TWO TO TANGO

 最後に凄い曲を持ってくるね… まさに大人嵐だよ…

 こういう「通常版にしか収録されていない曲」の名曲率高すぎる。

 さくらっぷかっこよすぎる。

 

 コンサートのDVDが楽しみすぎますね。行かれる方は幸せになってきてください!

 

 

的中票数1票以下のWIN5まとめ

メモ程度ですが。


・2011/9/4 的中票数 0票


記念すべき(?)最初の的中0。

1レース目は単勝1番人気ジュエルオブナイルが1.9倍と圧倒的に抜けた人気なのに負けてしまう。

2、3レース目は人気薄、4レース終わった段階で18票残っていて、誰も5レース目で4番人気を持っていないのが意外だが、

5レース目の1番人気は1.7倍。そしてその馬は、あのジャスタウェイなのであった… いやまだこの頃は覚醒前なんだけどね。



・2012/12/9 的中票数 1票(+20票)


4レース目が1着同着という珍しいパターン。というかこれなんでキャリーオーバーになってるんだ?的中者21人で単純に山分けでは無いんですね…

特に抜けた人気の馬はおらず、また100倍以上の馬が勝ったわけでもないが、上位人気馬のオッズが割れてるレースが多い。



・2013/5/5 的中票数 0票


ここも上と同じく上位人気馬のオッズが割れてるレースが多い。

5レース目は、マイネルホウオウが勝ったNHKマイルC柴田大知騎手の涙は、多くの競馬ファンに感動を与えたと同時に、4レース目まで当たってた22票の持ち主はこっちが泣きたいわ!って感じだったのかなあと…



・2013/10/6 的中票数 1票


ここはなんといっても4レース目の京都大賞典単勝1.2倍のゴールドシップが5着に敗れ、勝ったのが13頭中11番人気のヒットザターゲット。ここで一気に票数が11,727→26に。

5レース目の毎日王冠は、11頭中7頭が10倍以下という大混戦オッズの中、一部のファンの間で前哨戦は勝たないと言われていたエイシンフラッシュが勝利。ファンに愛された馬だけに、26票の中の1票の持ち主はフラッシュのガチファンだったのでは?と思ってしまう。



・2014/3/2 的中票数 1票


1レース目が11番人気、3レース目が14番人気、あとは全て2番人気が勝利。

5レース目の中山記念ジャスタウェイが勝ったのだが、秋天以来の出走でその秋天もフロックだと思ってる人が多かった印象がある。ちなみにこの時の1番人気は前年の香港C2着馬、トウケイヘイロー



・2014/3/21 的中票数 1票


2回も大荒れするとか何があったんだ

14年3月… 

ここは2レース目の単勝1.8倍クーゲルが負け、勝ったのが8番人気サリレモンドなのが荒れた1番の理由かな…



・2014/9/7 的中票数 0票


約1年4ヶ月ぶりの0票。

1レース目で11番人気が勝った事、2レース目で1.7倍のリグヴェーダが敗れた事も波乱の理由だが、なんといっても4レース目の小倉2歳S、15番人気1着のオーミアリス。経験の浅い馬同士で競う2歳戦怖い。

ここで残り5票、5レース目は1番人気のマーティンボロが勝ったがまさかの誰も買ってなかったという衝撃の結末。皆さんとことん穴狙いに走りましたね…?



・2014/11/23 的中票数 0票


5レースとも荒れに荒れた日。

1レース目で単勝1.7倍のコルサーレが負けてしまい、

2レース目は単勝11番人気が勝利。ここまでならまだわかる。

3レース目。勝ち馬は16頭中16番人気。単勝300倍超えのサンマルデューク。WIN5外したけど単勝取れたって人も凄いわ。ちなみにこの馬、15年末と16年初めに2連続で大穴あけるんだけど、ダートの追い込み馬で安定しないせいか勝っても勝っても人気にならないタイプである。それでも最近は人気になってきたかなあと思うけど。

4レース目で10番人気が勝って、それでも5票残ってるのは凄いの一言なんだけど、最後(マイルCS)勝ち馬が8番人気のダノンシャークで的中0。

ちなみにこのマイルCS、ハナ差の2着がフィエロなんだけど、もしフィエロが勝ってたら1票的中してたって話を聞いたような…?



・2015/9/13 的中票数 1票


払い戻し金額の上限が、6億になってから、なかなか1票以下にならなかった。2票とか3票で払い戻し2億超えてるのはちょこちょこあるんですけどね。

そんな中で久しぶりに出た的中票数1票。払い戻し約3億9000万。凄すぎる数字だ…

ただ特に1頭だけずば抜けた人気の馬が負けたとか、単勝3桁オッズの馬がきたとかはなく、難解なレースが多かった、という印象を受ける。



・2016/8/21 的中票数 1票


WIN5史上最高配当、420,127,890円を記録した日。ちなみにこの日も、3億9000万の日も1頭除外で返還があった為、もし返還が無ければもっと高かったんだろうなあと…

北九州記念ベルカント(1.5倍)、札幌記念でモーリス(1.6倍)が共に2着に敗れ、そこそこの人気薄が買ったのも大荒れの1つの理由ではあるが、

なんといっても4レース目のセフティーエムアイ。ブービー人気の大駆けで票数は一気に842→4。

それでも最後に1番人気買ってる人がいるんだから凄いよなあ…



また的中票数1票以下になった時には随時更新予定です。




『全て平等』は難しいけど、諦めてはいけない。

アイドルマスターSideMという、私の大好きなコンテンツがある。

315プロダクションに所属する43人(+もうすぐデビューするであろう新人3人)の男性アイドルが、トップアイドルを目指す、というものだ。

 

43人のアイドルは、14組のグループに分かれている。

このうち、コンテンツが始まった2014年7月に初めて登場したのが12組。

2015年4月に新しく登場したグループが1組。

残りの1組は、SideMが始まるずっと前から存在していたグループ、『Jupiter』。

 

Jupiterは、2010年に発売されたアイドルマスター2にて初めて登場した。

それから5年経った2015年12月6日。彼らは舞浜アンフィシアターで、

315プロの仲間達と一緒にステージに立った。

私もこのステージをライビュではあるが、見る事が出来た。

それまでJupiterは、他のグループよりもキャリアがあるという事で、

常に1歩先を歩いているような感じがあったのだが、このステージでは、

他のグループを引っ張りつつも、一緒に歩いていこうとしているように見えた。

きっとこれからは、先輩後輩関係なくみんな一緒に歩いていける。

このステージを見て、私はそう感じたのだ。

 

このライブは、DVD化される事が決まった。

DVDにはたくさんの特典が付くが、その中の1つに、

オーディオコメンタリーがある。

このオーディオコメンタリーは、昼の部前後半、夜の部前後半、の合計4パートで

それぞれ出演者が違う。

このライブの出演者は総勢19人。

そのうちJupiterを演じている3人を除く16人が、4人ずつに分かれて担当することに

なったのである。

 

この発表があった時、Twitter上では様々な意見があった。

何故Jupiter3人だけがいないのか。3人は忙しいから仕方ないのではないか。等々。

私は、仕方ないと思っていた。

スケジュール等、いわゆる大人の事情があると思うからだ。

 

 

話は変わるが、私は最近もう一つ好きになった二次元男性アイドルコンテンツがある。

B-PROJECT(以下Bプロ)だ。

Bプロは最初、3組のアイドルから始まった。

私がBプロに興味を持ったのは4組目のアイドルが登場してからである。

KiLLER KiNG(以下キラキン)という名の後発グループを、応援したいと

思い、ファンになったのだ。

 

最初からいた3組には、「永久パラダイス」という共通曲がある。

3組の1stシングルに収録されたこの曲は、

3組の2ndシングルと同時期に発売された、キラキンの1stシングルには

収録されなかった。

 

Bプロは、アニメ化が決まった。

現在放送中のそのアニメに、キラキンだけが出演していない。

アニメのキービジュアルに、キラキンを除く3組だけしかいない事を知った時、

なんでいないのか、わからなかった。

キービジュを使ったグッズにも、キラキンはもちろんいない。

アニメと連動して進んでいくコラボ企画等にも、キラキンだけがいない。

キラキン以外の3組のメンバーは、ソロ曲が作られる事も決まった。

 

どんどん大きくなっていくコンテンツの中で、

キラキンだけが、仲間外れにされていると感じた。

そして気付いた。Jupiterも、同じなのではないかと。

 

先にいたグループと、後から入ってきたグループという違いがあるから、

全部同じでは無いけれども。

キラキンもJupiterも、Bプロや315プロの仲間なのに、

他のグループと同じ活動が出来ないことに疑問を感じるようになった。

キラキンは後から入ってきたから、先にいた3組と同じ活動が

出来ないのは仕方ない、と言われるのは嫌だった。

 

Jupiterだけが、オーディオコメンタリーにいないのは仕方ない、

と一言で済ませたことを反省した。

Jupiterを仲間外れにしてしまったのは、自分だった。

 

 

昨日、Bプロのイベントがあった。

出演した声優さんは8人。

アニメに出ているキャラの声優さんが4人と、キラキンが4人全員、という組み合わせ。

私は昼公演と夜公演、2回とも幸運な事に見る事が出来たのだが、

どちらの公演でも、キラキン4人全員が、「アニメに出たい」と口にしていた。

アニメに出ている側の4人も、キラキンも含め全員で活動がしたい、と仰っていた。

それを聞いて、とても安心した。

 

夜公演の最後に、特報が流れ、いくつか新情報が発表された。

その中の一つは、あの共通曲「永久パラダイス」の、

キラキンVer.が作成されるというものだった。

凄く嬉しかったし、何よりキラキンは仲間外れではなかったのだと感じた。

スタートは他の3組より遅かったけども、追いつくことができた。

 

 

今日発表された、SideM2周年記念CDのリリースイベント。

このCDは、Jupiterも含めた6組が2組ずつに分かれ、

3枚のCDが発売される。

リリースイベントの参加者は、Jupiter以外の5組から1人ずつ選出された。

また、Jupiterだけがいないのだ。

 

Jupiterだけがいない、という事がこのまま当たり前になりそうな気がして、

とても悲しくなったし怖くなった。

どうしたら、この現状を良い方向に変えられるのだろう。

出来る事は何かあるのだろうか。

 

昨日のBプロイベントで、その答えを教えてくださった声優さんがいる。

「要望を声に出すこと」である。

その方は、ファンの方々の声=要望が大きければ、

今後更にBプロは展開していくと仰っていた。

 

だから、私にできることは、

Jupiterだけがいない、というのをもうやめてほしい。

いないのは仕方ない、で済ませたくない。

他の315プロのアイドル達と一緒にお仕事をして欲しい。

こういった要望を声に出し続ける事なのだと。

 

先日、SideMの声優さん達が、アニメイトカフェを貸し切り

SideMコラボカフェを楽しむ様子がTwitter等に載せられていた。

そこには、Jupiterの天ヶ瀬冬馬役である寺島さんの姿があった。

とても驚いたが、他の声優さんと楽しんでる様子を見る事ができ、凄く嬉しかった。

何よりも驚いたのは、少なくともSideMの現場では一度も一緒になっていないはずの、

狩野さんとのツーショット写真である。

あの空間では、過去に共演した事があるかないかとか、先輩後輩とか、

あまり気にせず、315プロの仲間たちとして過ごせたのではないかと、

勝手に想像している自分がいる。

 

Jupiterと、他の315プロのアイドル達が、

一緒に歌って踊ったり、ラジオやイベントでトークをしたりしている姿を

もっと見たい。聞きたい。

難しい事かもしれないけど、夢は諦めたら叶わない。

だから私は、要望を声に出し続ける。