Buena Vistar!

長文を書きたい時に気ままに書くブログ。

的中票数1票以下のWIN5まとめ

メモ程度ですが。


・2011/9/4 的中票数 0票


記念すべき(?)最初の的中0。

1レース目は単勝1番人気ジュエルオブナイルが1.9倍と圧倒的に抜けた人気なのに負けてしまう。

2、3レース目は人気薄、4レース終わった段階で18票残っていて、誰も5レース目で4番人気を持っていないのが意外だが、

5レース目の1番人気は1.7倍。そしてその馬は、あのジャスタウェイなのであった… いやまだこの頃は覚醒前なんだけどね。



・2012/12/9 的中票数 1票(+20票)


4レース目が1着同着という珍しいパターン。というかこれなんでキャリーオーバーになってるんだ?的中者21人で単純に山分けでは無いんですね…

特に抜けた人気の馬はおらず、また100倍以上の馬が勝ったわけでもないが、上位人気馬のオッズが割れてるレースが多い。



・2013/5/5 的中票数 0票


ここも上と同じく上位人気馬のオッズが割れてるレースが多い。

5レース目は、マイネルホウオウが勝ったNHKマイルC柴田大知騎手の涙は、多くの競馬ファンに感動を与えたと同時に、4レース目まで当たってた22票の持ち主はこっちが泣きたいわ!って感じだったのかなあと…



・2013/10/6 的中票数 1票


ここはなんといっても4レース目の京都大賞典単勝1.2倍のゴールドシップが5着に敗れ、勝ったのが13頭中11番人気のヒットザターゲット。ここで一気に票数が11,727→26に。

5レース目の毎日王冠は、11頭中7頭が10倍以下という大混戦オッズの中、一部のファンの間で前哨戦は勝たないと言われていたエイシンフラッシュが勝利。ファンに愛された馬だけに、26票の中の1票の持ち主はフラッシュのガチファンだったのでは?と思ってしまう。



・2014/3/2 的中票数 1票


1レース目が11番人気、3レース目が14番人気、あとは全て2番人気が勝利。

5レース目の中山記念ジャスタウェイが勝ったのだが、秋天以来の出走でその秋天もフロックだと思ってる人が多かった印象がある。ちなみにこの時の1番人気は前年の香港C2着馬、トウケイヘイロー



・2014/3/21 的中票数 1票


2回も大荒れするとか何があったんだ

14年3月… 

ここは2レース目の単勝1.8倍クーゲルが負け、勝ったのが8番人気サリレモンドなのが荒れた1番の理由かな…



・2014/9/7 的中票数 0票


約1年4ヶ月ぶりの0票。

1レース目で11番人気が勝った事、2レース目で1.7倍のリグヴェーダが敗れた事も波乱の理由だが、なんといっても4レース目の小倉2歳S、15番人気1着のオーミアリス。経験の浅い馬同士で競う2歳戦怖い。

ここで残り5票、5レース目は1番人気のマーティンボロが勝ったがまさかの誰も買ってなかったという衝撃の結末。皆さんとことん穴狙いに走りましたね…?



・2014/11/23 的中票数 0票


5レースとも荒れに荒れた日。

1レース目で単勝1.7倍のコルサーレが負けてしまい、

2レース目は単勝11番人気が勝利。ここまでならまだわかる。

3レース目。勝ち馬は16頭中16番人気。単勝300倍超えのサンマルデューク。WIN5外したけど単勝取れたって人も凄いわ。ちなみにこの馬、15年末と16年初めに2連続で大穴あけるんだけど、ダートの追い込み馬で安定しないせいか勝っても勝っても人気にならないタイプである。それでも最近は人気になってきたかなあと思うけど。

4レース目で10番人気が勝って、それでも5票残ってるのは凄いの一言なんだけど、最後(マイルCS)勝ち馬が8番人気のダノンシャークで的中0。

ちなみにこのマイルCS、ハナ差の2着がフィエロなんだけど、もしフィエロが勝ってたら1票的中してたって話を聞いたような…?



・2015/9/13 的中票数 1票


払い戻し金額の上限が、6億になってから、なかなか1票以下にならなかった。2票とか3票で払い戻し2億超えてるのはちょこちょこあるんですけどね。

そんな中で久しぶりに出た的中票数1票。払い戻し約3億9000万。凄すぎる数字だ…

ただ特に1頭だけずば抜けた人気の馬が負けたとか、単勝3桁オッズの馬がきたとかはなく、難解なレースが多かった、という印象を受ける。



・2016/8/21 的中票数 1票


WIN5史上最高配当、420,127,890円を記録した日。ちなみにこの日も、3億9000万の日も1頭除外で返還があった為、もし返還が無ければもっと高かったんだろうなあと…

北九州記念ベルカント(1.5倍)、札幌記念でモーリス(1.6倍)が共に2着に敗れ、そこそこの人気薄が買ったのも大荒れの1つの理由ではあるが、

なんといっても4レース目のセフティーエムアイ。ブービー人気の大駆けで票数は一気に842→4。

それでも最後に1番人気買ってる人がいるんだから凄いよなあ…



また的中票数1票以下になった時には随時更新予定です。




『全て平等』は難しいけど、諦めてはいけない。

アイドルマスターSideMという、私の大好きなコンテンツがある。

315プロダクションに所属する43人(+もうすぐデビューするであろう新人3人)の男性アイドルが、トップアイドルを目指す、というものだ。

 

43人のアイドルは、14組のグループに分かれている。

このうち、コンテンツが始まった2014年7月に初めて登場したのが12組。

2015年4月に新しく登場したグループが1組。

残りの1組は、SideMが始まるずっと前から存在していたグループ、『Jupiter』。

 

Jupiterは、2010年に発売されたアイドルマスター2にて初めて登場した。

それから5年経った2015年12月6日。彼らは舞浜アンフィシアターで、

315プロの仲間達と一緒にステージに立った。

私もこのステージをライビュではあるが、見る事が出来た。

それまでJupiterは、他のグループよりもキャリアがあるという事で、

常に1歩先を歩いているような感じがあったのだが、このステージでは、

他のグループを引っ張りつつも、一緒に歩いていこうとしているように見えた。

きっとこれからは、先輩後輩関係なくみんな一緒に歩いていける。

このステージを見て、私はそう感じたのだ。

 

このライブは、DVD化される事が決まった。

DVDにはたくさんの特典が付くが、その中の1つに、

オーディオコメンタリーがある。

このオーディオコメンタリーは、昼の部前後半、夜の部前後半、の合計4パートで

それぞれ出演者が違う。

このライブの出演者は総勢19人。

そのうちJupiterを演じている3人を除く16人が、4人ずつに分かれて担当することに

なったのである。

 

この発表があった時、Twitter上では様々な意見があった。

何故Jupiter3人だけがいないのか。3人は忙しいから仕方ないのではないか。等々。

私は、仕方ないと思っていた。

スケジュール等、いわゆる大人の事情があると思うからだ。

 

 

話は変わるが、私は最近もう一つ好きになった二次元男性アイドルコンテンツがある。

B-PROJECT(以下Bプロ)だ。

Bプロは最初、3組のアイドルから始まった。

私がBプロに興味を持ったのは4組目のアイドルが登場してからである。

KiLLER KiNG(以下キラキン)という名の後発グループを、応援したいと

思い、ファンになったのだ。

 

最初からいた3組には、「永久パラダイス」という共通曲がある。

3組の1stシングルに収録されたこの曲は、

3組の2ndシングルと同時期に発売された、キラキンの1stシングルには

収録されなかった。

 

Bプロは、アニメ化が決まった。

現在放送中のそのアニメに、キラキンだけが出演していない。

アニメのキービジュアルに、キラキンを除く3組だけしかいない事を知った時、

なんでいないのか、わからなかった。

キービジュを使ったグッズにも、キラキンはもちろんいない。

アニメと連動して進んでいくコラボ企画等にも、キラキンだけがいない。

キラキン以外の3組のメンバーは、ソロ曲が作られる事も決まった。

 

どんどん大きくなっていくコンテンツの中で、

キラキンだけが、仲間外れにされていると感じた。

そして気付いた。Jupiterも、同じなのではないかと。

 

先にいたグループと、後から入ってきたグループという違いがあるから、

全部同じでは無いけれども。

キラキンもJupiterも、Bプロや315プロの仲間なのに、

他のグループと同じ活動が出来ないことに疑問を感じるようになった。

キラキンは後から入ってきたから、先にいた3組と同じ活動が

出来ないのは仕方ない、と言われるのは嫌だった。

 

Jupiterだけが、オーディオコメンタリーにいないのは仕方ない、

と一言で済ませたことを反省した。

Jupiterを仲間外れにしてしまったのは、自分だった。

 

 

昨日、Bプロのイベントがあった。

出演した声優さんは8人。

アニメに出ているキャラの声優さんが4人と、キラキンが4人全員、という組み合わせ。

私は昼公演と夜公演、2回とも幸運な事に見る事が出来たのだが、

どちらの公演でも、キラキン4人全員が、「アニメに出たい」と口にしていた。

アニメに出ている側の4人も、キラキンも含め全員で活動がしたい、と仰っていた。

それを聞いて、とても安心した。

 

夜公演の最後に、特報が流れ、いくつか新情報が発表された。

その中の一つは、あの共通曲「永久パラダイス」の、

キラキンVer.が作成されるというものだった。

凄く嬉しかったし、何よりキラキンは仲間外れではなかったのだと感じた。

スタートは他の3組より遅かったけども、追いつくことができた。

 

 

今日発表された、SideM2周年記念CDのリリースイベント。

このCDは、Jupiterも含めた6組が2組ずつに分かれ、

3枚のCDが発売される。

リリースイベントの参加者は、Jupiter以外の5組から1人ずつ選出された。

また、Jupiterだけがいないのだ。

 

Jupiterだけがいない、という事がこのまま当たり前になりそうな気がして、

とても悲しくなったし怖くなった。

どうしたら、この現状を良い方向に変えられるのだろう。

出来る事は何かあるのだろうか。

 

昨日のBプロイベントで、その答えを教えてくださった声優さんがいる。

「要望を声に出すこと」である。

その方は、ファンの方々の声=要望が大きければ、

今後更にBプロは展開していくと仰っていた。

 

だから、私にできることは、

Jupiterだけがいない、というのをもうやめてほしい。

いないのは仕方ない、で済ませたくない。

他の315プロのアイドル達と一緒にお仕事をして欲しい。

こういった要望を声に出し続ける事なのだと。

 

先日、SideMの声優さん達が、アニメイトカフェを貸し切り

SideMコラボカフェを楽しむ様子がTwitter等に載せられていた。

そこには、Jupiterの天ヶ瀬冬馬役である寺島さんの姿があった。

とても驚いたが、他の声優さんと楽しんでる様子を見る事ができ、凄く嬉しかった。

何よりも驚いたのは、少なくともSideMの現場では一度も一緒になっていないはずの、

狩野さんとのツーショット写真である。

あの空間では、過去に共演した事があるかないかとか、先輩後輩とか、

あまり気にせず、315プロの仲間たちとして過ごせたのではないかと、

勝手に想像している自分がいる。

 

Jupiterと、他の315プロのアイドル達が、

一緒に歌って踊ったり、ラジオやイベントでトークをしたりしている姿を

もっと見たい。聞きたい。

難しい事かもしれないけど、夢は諦めたら叶わない。

だから私は、要望を声に出し続ける。

 

 

 

 

 

アイドルマスターSideM 1stライブ感想 まとまってないまとめ。

2015年12月6日。

アイドルマスターSideM、記念すべき1stライブのLVを見てきました。


感想を書く前に、少しだけ私の紹介。

・巻緒P

・エムマス声優さんは皆さん好きですが、中でも千葉翔也さんが好きです。

・エムマスのイベント参加経験は公録のみです。なのでJupiter、W、S.E.M、そしてうめめは今回が初めましてでした。


さてさて、早速ですが感想を。

※これより先、個人の主観や妄想が入ってますのでご注意ください。

※長文かつテンションがごっちゃです。



☆セトリ順感想(曲名は略称)


1.ドアラ

最初から全員。19人もいるのを見て、もうSideMもこんなに声が付いたんだなあと改めて感じました。

全員で歌うとやっぱり迫力がありますね。

私は手が小さくて、バルログは出来無いかなあと思っていたのですが、6組いるなら全色振りたい!と思い気付いたらバルログしてました。これもし次のライブは14組出ます!ってなったら何色振れば良いんだろ…?


・挨拶

これ私の聞き間違いかもしれないのですが、ホリエルおはようございますって言ってませんでした…?夜なのに…

でも一発でやふー!決めてたところに成長を感じました。公録昼は緊張してたのか全然決まってなかったので…


2.HJNL

まさか2曲目にこれが来るとは…(スタセレだと決め込んでいた)

2番が凄く好きです。加入順に1人ずつ歌っていって最後のしらにいが皆にどーん!と激突→肩組んで歌うの一連の流れがほんとに好き。しかも肩組んで歌うところが隼人のソロパートなのが良い。

今回新しく加わったのが間奏のギターソロの騎馬戦。ハイジョは水泳大会で騎馬戦してましたよね…あそこからヒントを得たのかなあ、なんて思ったりしました。

ちばしょー軽いんだろうな…男性にしては小柄(公式プロフィールの身長165cm)だもんね。ラストの決めポーズ、ひろひろとの身長差がたまらない。


3.∞

ヨシキさん凄い。CDと声が同じでした…。凄すぎた…。

サビの入りのとっとさんのポーズがものすごく好きです。

振り付けはPerfumeっぽいなって感じがしました。なんでだろ。そもそもS.E.Mが男性版Perfumeっぽい…?衣装とか…


4.ドラノン

ゆうくんが眼鏡かけてた!!!!!

ほんと衝撃でした。眼鏡たそのアップになった瞬間絶叫。外した瞬間もう一回絶叫。眼鏡たそ最高でした本当にありがとうございます。眼鏡外してあんなに絶叫したの、にのみやさんの虹以来だよ…(分かる人にしかわからないネタ)

ドラノンは2番Aメロのしゅごんソロパートが振り付け含めて好きです。慣れない格好、の表現が好き。


5.PF

お2人ともステージを端から端まで駆け回っていて、よく動くなー元気だなーと微笑ましく見てました。

サビのステップ踏みながら周る→逆回転するところが可愛くて好き。でもあれ歌いながらって相当ハードだろうなあ…

大サビの背中合わせで座るところが凄く良かったです。お互いの背中を預けられる存在。2人だけの世界がそこにありました。

…なんて思ってたら背中合わせたまま同時に立ち上がったからな!?びっくりですよ…あれ絶対難しいよ…(実際昼失敗してたみたいですし…)

Wは声が付く前に、1人2役になるか、1人1役になるか、で色々な意見があったと記憶しているのですが、ステージで踊ってるのを見て、1人1役で大正解だったなと感じました。


6.エタニティ

前述の通りうめめさん初めましてだったんですけど、なんですかあのイケメンは…王子様は…ほんとに同じ国に生まれた人なんですか…?画面越しでこれなんですよ、至近距離で見たらうめめのオーラで倒れる自信ある。とてもあんなリプ飛ばす人と同一人物とは思えない。

しかしたかぴもホリエルも王子様で…Beitは外も中も全員王子様だから凄い。

3人で手を合わせて回ってるところで手のアップになったのがもう…ありがとうございます…


7.プラスケ

これが最後だと思ってたので少し驚きましたが、結果的にはぶらんにゅー最後で正解だったんだよなあ…

全員お揃いのアクリルバンドはずるい。

大サビの冬馬ソロが凄く好きなんですが、画面いっぱいにてらしーさんの横顔が映って凄く良かったです…


・生アフレコ

…って呼び方で良いんですかね…?

正直、普通にMCやるのかなあって思ってたので、こういうことするんだ!?って驚きました。でも今回はアイドルマスターSideMのライブなので、声優さん自身のライブではなくあくまでもキャラを演じている、という前提でやっているのだと感じました。

ながにゃのプロ意識が高すぎて。一人だけ台本見ずに目線まで決めてくれて。凄すぎました…

隼人がメンバーの名前呼ぶところ可愛かったなあ。

じろーさんの儲かるんでしょ?も凄く良かったです。そこにじろーさんがいました。

生だから噛んでしまう方もいらっしゃいましたがそこはご愛嬌。貴重な生レコとても楽しかったです。


8.スタセレ

大天使フライハイ柏木。レッツテイクオフ!もかわいかったー。

大サビでステージが回ってて、こういう演出が出来るのも会場が大きくなった証だなあと感じました。いつか東京ドームでムビステ使えるようになったら良いなあ…


9.オールマイティ

右手でタオル左手でペンラ持つとサビでペンラ振れなくなる不器用は私だけで良い。

基本的にハジけてて笑顔で楽しい曲なのに涙脆いのは〜で苦しそうな表情になるちばしょさんずるいっす。

しょぼんなベクトル〜でしょぼん顔ののがみんがほんとしょんぼりしてるしきわんにしか見えなかった。のがみんやっぱしきわんだよ…

猫さんは安定の可愛さ。

全員しゃがんでから1人ずつ立つところやっぱ好きだなー。


10.S=M

突然鳴り響くチャイムに驚きと戸惑いを隠せなかった…。

例のたけのこは既にワケ生で見てるから大丈夫、流石にあれを超える振り付けはないだろう…と思ってたら真剣白刃取りが軽く超えてきた。何あれ面白すぎる。

たけのこ、1番は笑ってただけだったけど、2番からちゃんと踊れました。LVでも皆踊ってたよ。

りー!ぴーと!あふたーみー!が可愛すぎた。えのきやさんまじまいたる。そのあとのコール楽しかったなあ。

S.E.Mってどっちかっていうと万人ウケするタイプじゃないと思ってたのですがそんなことなかったです。曲終わりの反応がすごかった。S.E.Mの時代が来そうな予感がします。


11.VB

Wは2曲ともダンスの激しい曲なので大変だろうなあと思うのですが、大変さを感じさせず楽しく踊ってるのが凄い。

Vサインは片手にリウム2本持って作ろうと思っていたのですが実際やってみたら難しかった…次行く時までに練習しておきます。


12.スマエン

ホリエルの天使度が増してた。声が高くて透き通ってて可愛くて仕方なかった。前髪も可愛かったなあ。

願いを込めて花を咲かせるところ、頑張ってピンク2本折って振ってたけど、LV会場内で他にピンク振ってる方殆どいらっしゃらなかったので、ここは次もっと認知されると良いなあと感じました。


13.ぶらんにゅー

もうほんと…台詞変えてくるの反則ですよ…てらしーさんSideMポーズしてくださったんですよ…ほんと…ありがとうございます…。

961時代のJupiterをあまりよく知らないのですが、そこから応援してきた方々にとって忘れられないステージになったんじゃないかなと感じました。


・挨拶

詳しくは後述します。それぞれの個性が出ててとても良かったです。


14.ドアラ

ドアラで始まりドアラで終わる。ドアラって最初も最後も合う曲なんですよね。そこが凄い。間違えなく名曲。

最初のドアラよりもコールが大きかった気がするのは気のせい、ではないはず。会場内が一体になった感じがしました。この一体感はライブじゃ無いと味わえないものだと思っています。味わえて良かったです。



★演者さんの印象(最後の挨拶順)


・てらしーさん

本当に多くの経験を積まれている方なので安定感が凄かったです。最後も深々とお辞儀を何度もしていて、ステージ、Pへの感謝を忘れない、素敵な方だと感じました。


・神原さん

お美しかった。流石インテリVi…。チャオ☆も聞けたので大満足です。最後の挨拶で泣いていて、これまでたくさん苦労されていたのだと感じました。


・松岡さん

どこからそんな可愛らしい声が出るんですか…?ってくらい声が可愛かったです。終始泣きそうな表情に見えたのですが、昼たくさん泣いたので夜は泣きません!って言ってましたね。でも泣きそうでしたよね…?


・うめめ

前述の通りただただかっこよかった。クールな印象がありましたが最後の挨拶では珍しく?熱い一面が見られて新鮮でした。


・ホリエル

安定感の増した大天使。公録の時は緊張してるのが伝わってきて、歌詞飛ばすわ振り飛ばすわでちょっとハラハラしたのですが、今回凄く安心して見れました。河原で練習する努力家さんですもんね…。

最後の挨拶では1年前に、ちょうどオーディションに受かって、みたいな話をされていたのですが、その姿がまるで母親に学校であったこと全部話す小学生みたいでほんとに可愛かったです。


・たかぴ

ふんわり系王子様。どの歌詞も感情込めて大事に歌ってるのが伝わってきました。

最後の挨拶で泣いていたのですが、他の2人に背中を押されて、最後まで一生懸命言葉を伝えてくれて嬉しかったです。


・ちばしょー

先に言っておきます。ここからハイジョ終わるまで長くなります。(ここまでで既にめちゃくちゃ長い)

公録で見た時も明るくて楽しそうなパフォーマンスをする方だなと思っていたのですが、今回それ以上にハジけていて本当に楽しそうでした。

エアギターもタオルぶん回してる時も本当に幸せそうなんですよ…。

最後の挨拶。オールマイティを歌う前に隼人ならどんな風に歌うだろうと考えていたら、隼人が俺の声で笑ってた。彼のこの言葉に本当に感動しました。それだけ彼が隼人の事を大事にしてくれているのだと感じました。


・のがみん

ほんとしきわんなんだよなあ…明るくて、率先して盛り上げてくださって。

だから最後にあんな泣かれるとは思いませんでした…結局挨拶から最後まで唯一泣き止んで無いですもんね…

それでも涙まじりの声で子猫ちゃん達!野郎ども!って言うところに彼の意地を感じました。


・しらにい

すっごい若かったです。29にはとても見えない。公録の時より若返ってるんじゃないの…?って思えたくらいです。

最後の挨拶、前ののがみんが泣いちゃって、しんみりした雰囲気の中、突然この床の丸何に見える?そう、ドーナツだね!茶色だからごま味かな?とか言い出して、一気に場の雰囲気を変えてて凄いなあと。本当にハイジョのお兄さんポジだと感じ、しらにいって命名したたかぴすげえなと…さすがP…


・ながにゃん

真面目で努力家な一面が存分に発揮されてたと思います。前述の生アフレコ、最初から最後まで台本を見ていなかったのは彼だけでした。プロ根性半端ない。

最後の挨拶では手で涙を拭いながら口下手で、言いたいこと上手く伝えられなくて…って言ってたのですが、ブログであれだけしっかりした文章書ける方なのに意外だなあと感じました。(後で昼のレポ読んで知ったのですが、昼の挨拶からの口下手で…だったのかなあと。)

また、彼のブログを読み、色んな想いがあったのだという事も知りました。今自分のやりたい事が出来ていて本当に良かったなあと思っています。尊敬しています。


・ひろひろ

ながにゃでしんみりした後のひろひろだよぉ〜はほっこりしますね。

その前の話。ながにゃが泣いた後、ながにゃのすぐ近くで見守っていたひろひろ。その姿は本当に夏来のようでした。そして挨拶が終わった後、ながにゃの事を抱き締めて。もうほんとあの瞬間は旬と夏来だった。

挨拶では、夏来みたいにゆっくりと一言ずつ、噛みしめるように話すひろひろ。それを後ろで見ていて、あれ?もしかして泣くんじゃ…と思いスタンバイする4人。すると突然お前ら最高だー!みたいな事を叫び出すひろひろ。ずっこける4人。面白かったです。でもその後の夏来っぽくなくてごめんね、は結構くるものがあった。というのも、公録でも夏来っぽさを大事にしていた方なので…。

挨拶終わり、今度はながにゃが駆け寄っていってハグしてました。それを見て、ながにゃとひろひろは、ほんとに旬と夏来のような関係になれるんじゃないかなって、思ってしまいました…。


・とっとさん

凄く真面目で歌も上手くてハイスペックな方なのかなと思っていたのですが意外と天然ですね…?あたかも2nd、3rdが決まってるかのように話すのが面白かったし嬉しかったです。

あと太ももがめっちゃ好き(小声)


・えのきやさん

まいたるだった。明るくて可愛くて、でもハイジョとはまた違うハジけ方をしていたなあと。

最後の挨拶で嘘泣きをした後、こういうのは俺たち(S.E.M)には似合わないって言ってたのが印象的でした。


・ヨシキさん

今回最大のダークホースでした。歌上手いしCDと声一緒ですし、盛り上げ方もお上手でした。凄いの一言。ガチ恋勢が多いのも頷けます。ところで本当にホリエルと同い年なんですか…?未だに信じられません…すいません…


・やまてぃ

きくてぃと比べるとやっぱりお兄さんだし、落ち着きがあるなあと。良い意味で場慣れしてる感あった。

レッドカード出せなくて悔しそうだったので、次こそ見たい…!


・きくてぃ

ダンスきれっきれでかっこよかった…でも凄く可愛らしい方。

最後の挨拶で頭真っ白だよ!的なこと良いながらその場でぐるぐる回ってたのほんと悠介だった…ほんとかわいい…


・たくちゃん

ふわふわボイスやっぱりかわいいわ…聴くたびに安定感が増してるのが凄い。たくちゃんが演じてる他のキャラのボイスを聴いたことがあるのですが翼と全然声が違って、ここまで違う声が出せるって凄いなあと感じました。


・ゆうくん

こう…情熱的ですよね。歌もダンスも。感情がこもっててすごく好きです。

最後の挨拶で泣きながらしゅごんとたくちゃんがいて良かったって言っててほんと…そういうところずるい…

眼鏡かけてくれて本当にありがとう。


・しゅごん

ラジオではフリーダムな発言が多々あり、ツイッターでは安定の画伯、またエムマス声優にフリーダムなリプを送る面白い人なんですが、ライブの彼は違う。歌もダンスも本当に上手で、ラジオやツイッターの彼とは別人かと思うくらいしっかりしてて。決めるところはビシッと決める人で。ちゃんとアイマスの赤だなあと。てんてる役にしゅごん見つけてきた方ほんとに凄い。



☆まとめ


長々と書いてきましたが、もう少しだけお付き合い頂けると幸いです。


私は元々、デレマスをプレイしています。やっていて、これの男性アイドルver.がやってみたい!とずっと思ってました。SideMの事前登録が出て来た時、やっと来たか!と思い登録して、サービス開始を楽しみにしていたのですがまさかの半年メンテ。それで既に運営が信じられなくなり、サービス再開しても暫くは始めなかったんです。

そんな時、会社の同期がエムマスをやっていることを知りました。同期がエムマスを勧めてくれて、やっと始めて。そこで出会った315プロのアイドル達はみんな素敵な方達ばかりで、すぐにハマりました。


前述の通りデレマスをプレイしていたのですが、担当(相葉夕美ちゃん)に声が付いたのは今年の6月。好きな子は何人かいるのですが全員声が付いてなくて。なので好きな子に声が付いて、CDが出て、ライブをやる、という経験が全くありませんでした。別に声が付いてても付いてなくてもそんなに変わらない、って思ってたんです。でも実際違いました。声が付くことで、そのアイドルの魅力が増すんです。曲も本当に良い曲ばかりで。いつしか担当にも早く声をつけて欲しいと思うようになりました。


1stライブが開催されると聞いたとき、絶対見に行きたい!と思ったのですが、その段階で既に用事が入っていました。なので1度は諦めかけたんです。

しかしアイマスのライブにはLVがあると知り、用事も夕方には終わるので、夜の部のLVが近隣であれば行けると気付いたんです。そして実際あった時は凄く嬉しかったです。


私はずっと応援してる、三次元のアイドルがいます。彼らを好きになったのは彼らがデビューしてから8年経った頃でした。なのでデビューからの8年間を見ていなくて。その頃発売された曲をCDで聴くことは後でいくらでも出来ますが、その頃の彼らがどんなグループだったか、実際この目で見ていなくて。後悔しても仕方のないことですが、出来れば最初から追っていたかったなあと今でも思います。


なので彼らの一番最初のライブを見られたのは本当に嬉しかったです。一生の思い出になりました。あの時同期が誘ってくれなかったら、今の私はいないですし、エムマスも始めてなかったかもしれません。なので同期には本当に感謝しています。そんな同期と一緒に行けたことも嬉しかったです。ありがとう。


ここからが、スタート。そう感じられたライブでした。

ずっとずっと、彼らを応援したい、彼らのPでいたいと思わせてくれました。

そして、このステージに、まだ声のついていない担当を立たせてあげたいと強く感じました。

まだ担当をどなたが演じるかはわかりませんが、誰であろうと応援すると決めています。

本当に素晴らしい、最高のライブでした。ありがとうございました!



今始まるストーリー SideM!